心(スロット)その弐  差枚数を意識する

でるメダル(out枚数)のほうが多くする。大量メダルの獲得の方法はひとつしかありません。

これは運がいいか悪いか。これに尽きます。人間の力ではどうすることもできない。

では出るメダルのほうが多くするにはどうすればいいのか。

それは、「入れるメダル(in枚数)を極力減らす」ことです。前回書いたようにスロットにおいて勝つこととはin<outの状態です。

当たり前のことです。 だが、パチスロを打っている人の8割以上の人が、確率を超えたものを求め、常に偏った状態(大連チャン)を期待してコインサンドに貴重なお金を入れていきます。だが、偏った状態は作り出すことはできません。

機種ごとに一回の当選における確率や大当たり時に期待できる獲得枚数は決まっています。いわゆる機械割というものはinとoutの割合であり、少ない試行回数では割合が変わる場合もあります(設定1で大勝、設定6で負け)。ただ多くの試行回数によりそれらの確率は収束化していきます。 パチスロやパチンコは確率の収束を理解しながら、遊戯することで、大きく結果が変わると思います。

では実際に少ない投資で試行回数を増やしていきながら結果を出していく方法を伝えていきます。

 

コメントを残す

このページの先頭へ