心(スロット)その参 稼動の基準

少ない投資で多くの試行回数を試すためには、少なくとも一回は当たるまでのゲーム数が近いところにある可能性が極めて高い台を数多く打つことが有効です。 次回の大当たりのゲーム数を予測することができれば、大当たりまでの投資を予測することができます。

スロットには、Aタイプと呼ばれるボーナスのみでメダルを増やすタイプと、ART、ATと呼ばれる、リプレイや子役をアシストすることで1ゲームにつき2枚程度のコイン増が見込める状態が数十ゲームは続く状態を当たりとみなすタイプがあります。Aタイプは毎ゲームごとの大当たり抽選のみなので、次回いつ当たるか予測することができません。ART機はそのほとんどに、当たりやすいゲーム数(いわゆるゾーン)と最終的に必ず当たるゲーム数(いわゆる天井)が存在します。ほとんどのお店にはデータカウンターと呼ばれる大当たりの履歴がわかる機械がついており、台のそのときの状況がわかります。

投資する価値があるかどうかは閉店までの時間や台の状態によっても異なりますが、次回は打つ価値のある台なのか、そうでないのかを判断する基準についてお伝えします。

 

コメントを残す

このページの先頭へ