心(スロット)その五

店の売り上げにならようにするには、打ち方を完全に変えなければいけません。 一番大事なことは、はやる気持ちを抑え、台の状況や店の状況を把握することです。 スロットをする際に感じるワクワク感やドキドキ感は楽しいものではありますが、人の心の隙をつきます。機種の状況や知識をしらないまま打つのはリスクを伴います。 まずはいきなり座って打ち始めるのではなく、一番価値のある台を探しましょう。

価値のある台。つまりout枚数が多くなる可能性が高くなる台です。さまざまなスロットサイトでそのような知識はすぐに手に入りますので割愛させていただきますが、いわゆる「期待値の高い台」を打つ。 スロットで店の売り上げにならない打ち方はこの方法が常人ではベストです。 ただ打ちなれていない人が、はまっている台だけを打つことが難しい選択であることはよくわかります。以前の私がそうでありましたから。

たとえばアナザーゴッドハーデスが1000Gで空き台になっていたとします。天井までは1600G。1kで28G回るとして、最大投資額は約22000円。 この22000円をどう考えるかです。 次回大当たりが終了して32Gまわしてやめることを条件に最大勝ち額と最大負け額から検証していきたいと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ